農薬をご使用になる方へ

安全・安心の農薬使用のための発信情報

食の安全

<第5回>農薬使用者の責務と適用作物名(掲載2004年8月)

間違えやすいものはラベルで確認を

 改正農薬取締法や省令(いずれも2003年3月10日施行)により、農薬使用者が必ず順守しなければならない使用基準が制定されています。そして、違反には罰則も科せられますので細心の注意が必要です。

 農薬使用者は責務として、(1)農作物等に害を及ぼさない(2)人畜に危険を及ぼさない(3)農作物等の汚染が生じ、かつ汚染した農作物等の利用が原因 となって人畜に被害が生じない(4)農地等の土壌の汚染が生じ、かつこれにより汚染される農作物等の利用が原因となって人畜に被害が生じない(5)水産動 植物の被害が発生し、かつその被害が著しいものとならない(6)公共用水域の水質の汚濁が生じ、かつその汚染された水(これがもとで汚染された水産動植物 を含む)の利用が原因で人畜に被害が生じない--ようにしなければなりません(ラベル記載事項を守ればこれらの責務が果たせるようになっていますので、良 くラベル記載内容を確認して下さい)。

 また、表示事項の順守として、食用・飼料用の農作物等(食用農作物等と言う)に農薬を使用する場合には、(1)適用範囲に含まれない食用農作物等に使用 してはならない(2)使用量の上限(3)希釈倍数の下限(4)使用時期(5)総使用回数--を守らなければなりません(守らない場合には、残留量が基準値 を超える恐れがあります)。

 また、最終有効年月を過ぎた農薬を使用しないように努めなければならなりません。上記(1)の適用範囲に記載される食用農作物名ですが、混同あるいは間違いやすいものがありますので、下表にまとめました。

 表の最初の行にあるトマトの場合ですが、ある農薬がトマトに適用があっても、ミニトマトは異なる適用作物であり、ミニトマトが適用作物欄に記載されてい ない限り、使えないことを意味します。ピーマンに適用があれば、同じとみなせるパプリカには使っても良いのですが、トウガラシ類には使用してはいけません。

 間違えば違反になるわけで、くれぐれも間違いのないようにお願いします。

 皆さん、一度はこの表を上から下まで目を通して参考にして下さい(詳しくは農薬検査所のホームページの「農薬登録における適用作物名」をご覧になり確認下さい)。

農薬登録における適用作物名(間違えやすい例)  農林水産省資料より
作物名 左記と同じもの 冒頭の作物と異なるもの



トマト   ミニトマト(直径3cm以下)
ピーマン パプリカ とうがらし類
だいこん   二十日だいこん
ねぎ   わけぎ
あさつき
レタス 結球レタス 非結球レタス(サラダ菜など)
きゅうり   花丸きゅうり(花つき幼果)
にがうり(つるれいし)
わさび みずわさび、根わさび 畑わさび(葉と茎を食用)
葉わさび(葉を食用)
ごぼう   葉ごぼう(葉を食用)
やまごぼう
はなやさい カリフラワー ブロッコリー
きゃべつ   芽キャベツ、子持かんらん
非結球メキャベツ(プチヴェール)
ふき   ふきのとう
しそ おおば 穂じそ(花穂)
しょうが 根しょうが 葉しょうが(やなかしょうが)
みょうが 花みょうが みょうがたけ
かぼちゃ コリンキー ズッキーニ
にんにく   葉にんにく
たまねぎ   葉たまねぎ


いんげんまめ きんときまめ、 とらまめ、うずらまめ 紅花いんげん



さやいんげん(未成熟)
えんどうまめ   実えんどう(グリーンピース)
さやえんどう
そらまめ   そらまめ(未成熟)*新規登録から設定
大 豆   えだまめ




さといも やつがしら、えびいも ずいき(葉柄) サトノハ(葉)
やまのいも ながいも、やまといも いちょういも、自然薯 つくねいも、いせいも  



みかん 温州みかん 温州みかん以外のかんきつ類
おうとう さくらんぼ  
なし 日本なし、洋なし  
さんしょ(実)  

さんしょ(葉)


とうもろこし(子実)   未成熟とうもろこし(スイートコーン)
とうもろこし 未成熟とうもろこし とうもろこし(子実)  

(農薬工業会安全対策委員長 内田又左衞門(日本農薬/環境安全部長)