教えて!農薬Q&A

農薬は本当に必要?

農薬に関する法律、指導要綱、社会的役割などについて

Q. 「化学農薬」はいつ頃から使われるようになったのですか。

 ヨーロッパやアメリカでは1930年代から化学農薬の開発が始まりました。これは、第二次世界大戦を目前にして、天然の除虫菊(ピレスロイドを含む)やデリス根(ロテノンを含む)など、当時の農薬の原料となっていた資源をアフリカやアジアから輸送することが困難になったためといわれます。日本で化学農薬が本格的に使用される様になったのは、第2次世界大戦後のことです。最初に使用されたのが、DDTや、BHCなどの有機塩素系殺虫剤でした。

■ 使用も生産も限られていた戦前の農薬
 1938年にはスイスでDDTの強力な殺虫活性が、1941年から1942年にかけてはフランスとイギリスでBHCが、1944年にはドイツでパラチオンが発見されました。1934年にアメリカでジチオカーバメート剤の殺菌活性が、1944年にはイギリスで2,4-PA(2,4-D)の除草活性が発見され、それに続くようにして、各種の化学農薬の開発が進むことになりました。
 日本では、1921年(大正10年)に貯蔵穀物害虫の駆除剤としてクロルピクリンがはじめて国産化され、ついで種子消毒剤として有機水銀剤が導入されました。しかし、農薬の主流は、除虫菊、ボルドー液、塩素酸塩類などの天然物や無機化合物でした。農薬の用途も果樹や野菜の病害虫防除で、イネの病害虫防除に適した薬剤はありませんでした。DDTについては第二次世界大戦中に軍部が情報を得て防疫用に研究を開始しましたが、原料の入手難から実用化には至りませんでした。
■ 戦後の食料難の解決に農薬が貢献
 戦後、DDTを皮きりに、BHC、パラチオン、2,4-PAなど多くの化学農薬が導入され、このままでは1000万人が餓死するといわれた終戦後の悲惨な食料不足を克服するのに、農薬は肥料とともに大きな役割を果たしました。その後も、新しい薬剤が次々に導入され、農薬は食料の安定生産や農作業の省力化に大きな役割を果たしました。
 欧米諸国でも、農業生産性の向上を目的に、農薬は目覚ましく普及し、使用量も著しく増加しました。しかし、1962年(昭和37年)、アメリカの海洋生物学者、レーチェル・カーソンの「サイレント・スプリング」が刊行され、農薬による環境汚染問題に警鐘が鳴らされました。それ以後、農薬の毒性、残留性や使用法などについて検討が加えられ、見直しが行なわれました。
 わが国でも、DDTやBHCなど残留性の高い有機塩素剤や有機水銀剤といった農薬については、行政による規制あるいは企業側の自主的な対応が行なわれ、姿を消していきました。
■ 新しい世代の農薬が登場
 これらに代わって、安全性の向上を目指した、カーバメート系やピレスロイド系の殺虫剤、抗生物質やベンゾイミダゾール系、イミダゾール系の殺菌剤、トリアジン系やスルホニルウレア系の除草剤の開発が加速されました。最近ではネオニコチノイド系殺虫剤やストロビルリン系殺菌剤なども多く開発されるようになってきました。また、少ない有効成分量で効果を示す薬剤が数多く出現しています。現在、使われている農薬は、世代交代が進み、いずれも安全性に配慮されたものになっています。 
 更に今後も、対象病害虫・雑草以外には影響が少なく、また、環境への負荷や、残留性も低い薬剤の研究開発と普及を目指しています。
参考文献
*日本植物防疫協会『農薬概説』
*高橋信孝他『農薬の科学』1989、文永堂出版
*青樹簗一訳『生と死の妙薬』(レイチェル・カーソン著)1964、新潮社
*Rachel Carson “Silent Spring” 1962、 published by Houghton Mifflin

(2008年9月)

MOVIEマークのページでは動画をご覧頂けます。