教えて!農薬Q&A

農薬は安全?

農家への安全対策、使用状況の把握などについて

Q. 「農薬が残留していてもADIの範囲内だから心配ない」という説明をよく聞きますが、ADIとはなんですか。

一生毎日摂取しても健康上悪影響がないと考えられる一日あたりの摂取量の上限です

 ADIとはAcceptable Daily Intakeの略語で、「一日摂取許容量」と訳されます。これは、人が食品を介し農薬を一生涯にわたって毎日摂り続けても、健康上なんら悪影響がないと考えられる一日あたりの摂取量の上限を意味し、食品の残留農薬基準などを決めるもとになります。

 マウス、ラットや犬など2種類以上の実験動物に1年間から一生涯(ラットでは約2年間)の間、毎日対象の農薬を摂取させる反復投与試験、発がん性試験や、2世代以上にわたって農薬を毎日与えて生殖機能及び出生仔の生育に及ぼす影響をみる繁殖毒性試験、奇形の仔が生まれないかをみる催奇形性試験などの毒性試験を行います。いずれの試験でも有害な影響がみられない最大投与量を求めます。これを無毒性量(NOAEL : No Observed Adverse Effect Level)と呼び、mg/kg/日で表します。

■ 100倍の安全係数を見込んで
 次に、動物を用いた各種毒性試験結果から得られた無毒性量を人に適用します。そのために、動物と人の違い(種差)を勘案して10倍の安全係数、また、人でも個人差のあることを考え、さらに10倍の安全係数をとり、通常、100倍の安全係数を見込んでADIを算出します(具体的には無毒性量に100分の1をかけます)。なお、データの質により、100以外の係数が用いられることもあります。これを不確実係数といいます。因みに、ADIは人の体重1kg当たり、1日当りの薬量がmgで示されます。
 ADIは、日本では食品安全委員会で行われるリスク評価(食品健康影響評価)の結果から、食品安全委員会で設定します。国際的には、世界保健機関(WHO:World Health Organization)と国連食糧農業機関(FAO:Food Agriculture Organization)の合同残留農薬専門家会議(JMPR:Joint Meeting on Pesticide Residues)の定めた値が各国に勧告されています。
 ADIに人の平均体重をかけた値を「人一日摂取許容量」といい、人が毎日一生涯にわたって摂取することが許される一日の上限の量を表し、食品や飲料水の残留農薬の量と比較され、安全性を評価する基準となります。

図1. 摂取量と人体への影響の関係

図2. 一日摂取許容量(ADI)の算出方法

※ 日本では53.3kgを使用していますが、欧米では60.70kgを用います。

参考文献
*食品衛生研究会『食品中の残留農薬Q&A』2001、中央法規
*日本農薬学会『農薬とはなにか』1996、日本植物防疫協会
*農林水産消費安全技術センターホームページ : http://www.famic.go.jp/
*食品安全委員会ホームページ : http://www.fsc.go.jp/

(2009年1月)

MOVIEマークのページでは動画をご覧頂けます。