教えて!農薬Q&A

農薬は安全?

農家への安全対策、使用状況の把握などについて

Q. 残留農薬(飼料添加物、動物用医薬品も含む)についてポジティブリスト制が導入されましたが、ポジティブリストとはなんですか。

 食品への残留については、食品衛生法により残留基準が設定されています。ポジティブリスト制度とは、一定量以上の農薬等が残留する食品の販売等を禁止する制度です。

 残留農薬や食品添加物の規制の仕方には、基本的にポジティブリスト制度とネガティブリスト制度という二つの考え方があります。ポジティブリスト制度は、原則すべてを禁止し、「残留を認めるもの」のみをリスト化(一覧表)して示すという方式です。 ネガティブリスト制度は原則規制が無く、規制するものをリスト化し、リストに記載された農薬のみ残留基準を定めたものです。

 日本の残留農薬の規制は、残留基準が設定された農薬についてのみ、その基準を超えた食品の販売等を禁止するというネガティブリスト制度に則った方式でした。しかし、この方式では残留基準が設定されていない農薬については、いくら残留があっても規制できず、輸入農産物の激増のなかで問題となっていました。そのため、2003年の食品衛生法改正によりポジティブリスト制度の導入が決まり、2006年5月29日から施行されました。

 ポジティブリスト制度では、まず、残留基準の設定されている農薬については、その基準以内での作物への残留は認めています(基準を超えれば当然、その作物の販売等が禁止されます)。

 そのため、残留基準が設定されていない農薬の残留については「人の健康を損なうおそれのない量」(一律基準値0.01ppm)を設定し、それを超えた残留のある農産物の販売等を全面的に禁止するという対応をとっています。なお、天敵農薬と特定農薬はポジティブリスト制度の対象外です(対象外物質65物質を設定)。

残留農薬基準のポジティブリスト制度(食品衛生法)

 国内で基準がない作物は、CODEXや欧米・カナダ・5カ国などの基準を参考に暫定基準が設定されました。(暫定基準は厚労省が設定したものです。)

暫定基準の設定

暫定基準の設定

残留基準を設定しない農薬(対象外物質*)
*人の健康を損なうおそれのないことが明らかである物質(全65物質)
対象外物質
(食品以外)
・ 特定農薬
・ 食品経由で摂取される物質(食品添加物を含む)
特定農薬 重曹(食酢は食品)
食品など クロレラ抽出液、シイタケ菌糸体抽出物、尿素
食品添加物等 オレイン酸、ケイソウ土、コリン、ソルビン酸、パラフィン、ヒドロキシプロピルデンプン、
乳酸、プロピレングリコール、マシン油、レシチン、ワックス
その他 硫黄、塩素、カリウム、カルシウム、ケイ素、鉄、銅
参考文献
*日本植物防疫協会『農薬概説』
*食品衛生研究会『食品中の残留農薬Q&A 』2001、中央法規
*厚生労働省ホームページ ポジティブ制度についてQ&A

(2009年6月)

MOVIEマークのページでは動画をご覧頂けます。