教えて!農薬Q&A

農薬はどうして効くの?

農薬の種類や成分、製造方法、農薬が効く科学的な仕組みなどについて

Q. 日本ではどのくらいの種類の農薬があるのですか。

 農薬の登録数は、平成19年9月30日現在、4,241件です。農薬登録は同じ有効成分でも、剤型の違い、有効成分の含有量の違い、混合剤についても、さらに取り扱い会社(製造会社)が違っていれば、それぞれの会社で登録を取得しなければなりませんから、この4,241件は商品数と考えた方がよいかもしれません。なお、その中の有効成分は約500種類になります。

 年次別の有効登録農薬の推移は表の通りで、農薬取締法が施行された1948年(昭和23年)以降の農薬有効登録件数の推移は図の通りです。1970年(昭和45年)までの増加傾向が翌年から減少傾向になったのは、1971年(昭和46年)に農薬取締法が大幅に改正され、農薬登録に必要な安全性に係る試験項目が追加されたためです。最近は4,200件程度です。

 農薬は新しい薬剤が次々に登録されています。しかし、農薬登録の有効期間は3年で、販売量が少なくなったために有効期限がきても登録更新をしない例が少なくありませんから、この約4,200件の農薬の中味は常に入れ替わっています。ちなみに、これまで日本で登録を受けた農薬は約22,000件あり、うち約18,000件はすでに失効しています。

図1. 農薬有効登録件数の推移
植物防疫全国協議会編「農薬概説 第3版」日本植物防疫協会 1993、農薬要覧 その他資料より作成
表1. 年次別登録農薬の推移
農薬年度 昭和 62 63 平成 元 2 3 4 5 6 7 8
殺虫剤 2662 2603 2705 2680 2567 2438 2371 2261 2168 2087
殺菌剤 1216 1219 1236 1242 1225 1241 1242 1253 1233 1194
殺虫殺菌剤 1015 1071 1099 1118 1100 1074 1021 940 823 744
除草剤 757 788 795 823 844 839 811 901 931 975
農薬肥料 1 3 7 13 16 22 26 31 41 43
殺そ剤 87 85 85 82 78 61 50 47 47 47
植物成長調整剤 82 82 102 106 115 114 118 110 111 109
殺虫・殺菌植調剤           11 13 13 16 17
その他 238 233 245 235 252 248 230 224 219 218
合計 6018 6084 6274 6299 6197 6037 5882 5780 5589 5434
農薬年度 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
殺虫剤 1997 1913 1882 1830 1702 1631 1542 1424 1288 1248 1205
殺菌剤 1222 1204 1293 1280 1170 1123 1122 1093 1022 980 950
殺虫殺菌剤 691 621 489 475 560 561 566 555 539 498 481
除草剤 1098 1199 1232 1310 1363 1360 1345 1379 1374 1331 1302
農薬肥料 43 48 48 44 47 48 41 29 35 41 43
殺そ剤 48 47 45 44 39 37 34 34 34 34 34
植物成長調整剤 111 109 113 117 118 111 101 108 100 95 87
殺虫・殺菌植調剤 17 17 17 15 11 11 9 6 6 6 2
その他 212 211 204 194 185 177 162 153 143 136 137
合計 5439 5369 5323 5309 5205 5059 4922 4781 4541 4369 4241

(農薬要覧より作成)

参考文献
*農水省植物防疫課監修『農薬要覧』 日本植物防疫協会

(2009年8月)

MOVIEマークのページでは動画をご覧頂けます。