教えて!農薬Q&A

自然や環境への影響は?

自然環境やその他生物に及ぼす影響などについて

Q. 農薬を長い間使い続けると、害虫、菌類や雑草に対して効果がなくなるというのは本当ですか。

 同じ作用機構の殺虫剤ばかり使っていると、害虫の大部分が死ぬような濃度を使ってもなお生き残る虫が出てきて、その殺虫剤では被害を防げなくなることがあります。これを、害虫に殺虫剤抵抗性がついたと言います。同様に、同じ作用機構の殺菌剤や除草剤を何度も使用すると、耐性菌や抵抗性雑草の発達を促します。

 このような抵抗性や耐性の出現を避けるため、1)同じ作用機構の薬剤の使用回数を減らしたり、2)作用機構の異なる何種類かの薬剤をローテーションで使用したり、3)作用機構の異なった薬剤の混合剤を使用することにより抵抗性の発達をある程度回避することができ、薬剤の寿命を伸ばすことができると考えられています。しかし、同一薬剤を連続して使用する場合、一般に薬剤への抵抗性発達のリスクは高まりますので、そのため新しい作用機構の薬剤の開発を続けることが必要となります。

 また、実際に農薬を使用している場面では、抵抗性の発達とは別に、使用方法の間違い等により、単純に効果が出なかったことも考えられます。直ちに抵抗性や耐性を疑う前に、使用した農薬の使用基準(ラベル記載事項)通りに正しく使用したか、防除タイミングは適切だったかなど、効果の低下を招くような一般的な要因を、今一度確認する必要があります。

■ 薬剤抵抗性の例
 殺虫剤の薬剤抵抗性の例としては、ツマグロヨコバイの有機リン剤やカーバメイト剤に対する抵抗性、コナガの各種殺虫剤に対する抵抗性、ハダニの各種殺ダニ剤への抵抗性が知られています。また、最近話題になっている害虫としては、タバココナジラミ バイオタイプQがあります。かつてはタバココナジラミに効果があった薬剤がこの新しいバイオタイプの拡大によって効果が十分でない事例が確認されています。
 殺菌剤では、殺菌剤が効きにくくなった病原菌(殺菌剤耐性菌)が現れています。イネいもち病菌のカスガマイシン耐性、脱水酵素阻害型メラニン合成阻害剤(MBI-D剤)耐性、ナシ黒斑病菌のポリオキシン耐性、イネばか苗病菌や各種灰色かび病菌などのベンズイミダゾール系殺菌剤耐性、各種うどんこ病菌のアゾール系殺菌剤耐性、各種べと病やうどんこ病菌のストロビルリン系殺菌剤耐性などが知られています。
 除草剤にも抵抗性をもつものが出現しています。日本で最初に報告された除草剤抵抗性雑草はパラコートに対するハルジオン(1982年)で、その後同じキク科のヒメムカシヨモギ(1983年)などでも抵抗性生物型が発見されています。パラコートは非選択性茎葉処理型除草剤で桑園・果樹園・非農耕地の刈取り代用として永年にわたり連用された結果、元々パラコートに抵抗性形質を有する個体が選択圧によって出現したものと考えられており、これと同じ原理で他の除草剤に対しても抵抗性雑草が出現するものと考えられています。その後ゴルフ場においてシマジンのスズメノカタビラ(1985年)が、また水田でもスルホニルウレア系除草剤に抵抗性のミズアオイが1996年に最初に報告されたのを皮切りに、その抵抗性を有する草種が各地で発見されています。
参考文献
*浜弘司『害虫はなぜ農薬に強くなるか』1992、農山漁村文化協会
*日本農薬学会『農薬とは何か』1996、日本植物防疫協会
*藤浪曄『変わる農薬』1991、住友化学工業株式会社
*石崎寛『農薬科学』1987、養賢堂
*大串龍一『農薬なき農業は可能か』1972、農山漁村文化協会
*除草剤抵抗性雑草研究会ホームページのHP:http://www.wssj.jp/~hr/JHRWG.html

(2008年8月)

MOVIEマークのページでは動画をご覧頂けます。