教えて!農薬Q&A

自然や環境への影響は?

自然環境やその他生物に及ぼす影響などについて

Q. ヘリコプターで農薬をまいていますが、農薬が広い範囲に飛んでいき危険ではないでしょうか。

 空中散布(航空防除、および無人ヘリコプター防除)は、大面積を短時間に防除することが可能ですが、散布区域外及び周辺に薬剤による影響を及ぼす恐れがあるので、薬剤の登録、事業計画の立案、散布作業など多方面から危害防止対策を行った上で実施されています。

 航空防除※1は、ヘリコプターを使用し広い範囲に一時に農薬を散布できるため、いもち病など急激に拡大するような空気伝染する病害の防除、ウンカ、ヨコバイなど広範囲を飛び回る害虫の防除に高い効果があります。また、航空防除は非常に省力的であるため、高齢化により地域ぐるみで防除作業を行うことが困難な場合にも、適切な防除方法といえます。
また、林業場面においても、深刻な被害を及ぼすマツノザイセンチュウを媒介するマツクイムシ等の防除に対し、航空防除は非常に省力的・経済的かつ有効な防除方法です。

 航空防除用として登録されている薬剤は、人畜毒性の低いもの、養魚場などの魚に影響の少ないもの、ミツバチ、蚕など有用昆虫への影響に配慮されたものなどです。

 さらに、また周辺環境への影響を抑えるため、航空防除を実施する団体は、市町村や都道府県の指導機関と協議し実施しています。防除を実施する団体は、住宅、車両、家畜、養蜂、養蚕、養魚池、対象外作物などへの危被害防止のため、散布計画対象地域及びその周辺の調査と関係者との事前協議を行い、散布区域を十分吟味して選定しなければなりません。また、散布区域周辺の学校、病院などの公共施設や、近隣居住者には、事前に周知を行います。散布作業は、通学路をはじめとする通行人に対して被害を及ぼさないよう、人、車両の通行がほとんどなく、上昇気流によるドリフト(飛散)が発生しにくい、早朝に終了するよう計画されます。

 最近では農村部への住宅の進出が進んだことや、ポジティブリスト制度が導入され、適用外作物への飛散防止について一層の配慮が必要となったため、ヘリコプターを使った広い範囲での散布が難しくなってきています。このため、小回りのきく無人ヘリコプター(ラジコンヘリ)による農薬散布(無人ヘリコプター防除)が一般的となりました。

 無人ヘリコプター防除用の農薬も、航空防除用の農薬と同様に、環境に配慮したものが登録されています。また実施に当たっては、航空防除と同様に、区域周辺の環境などに配慮した計画に基づいて実施されています。また、無人ヘリコプター防除には、社団法人農林水産航空協会の定める性能が確認された機体(無人ヘリコプター)以外を使用することはできず、また、同協会が技術を認定したオペレーター以外は操縦することはできません。このように、散布技術の点でも安全対策が図られています。

 農薬の航空防除及び無人ヘリコプター防除に際して配慮すべき項目は、「農林水産航空事業実施ガイドライン」(平成16年4月20日付け16消安第484号消費・安全局長通知、最終改正:平成20年7月15日付20消安第3577号)及び、「無人ヘリコプター利用技術指導指針」(平成3年4月22日付3農蚕第1974号 農蚕園芸局長通知、最終改正:平成20年7月15日付20消安第3577号)等に示されています。
航空防除、無人ヘリコプター防除いずれの実施団体に対しても、これらのガイドラインをはじめとする国、都道府県からの安全指導が周知されています。航空防除や無人ヘリコプター防除はこれらの危害防止及び環境保全対策に基づき、十分配慮しながら実施されています。

 航空防除や無人ヘリコプター防除の計画地域周辺では、事前にスケジュールが公表され、市町村や農協から連絡があります。地域周辺居住者や訪問予定者は、散布の時間帯にはできる限り室内にとどまる等、農薬にさらされないように注意していただきたいと思います。このように、航空防除、無人ヘリコプター防除は、散布事業者と地域居住者の情報共有と協力体制があって成り立つ防除技術です。

※1 航空防除は、農薬のラベルでは「空中散布」と記載されています。

参考文献
*日本植物防疫協会『農薬概説』
*農林水産航空協会、全国農林水産航空事業実施団体連絡協議会編 『農林航空事業実施者のための安全対策の手引き』 2007
*農林水産航空協会、全国産業用無人ヘリコプター推進協議会編『産業用無人ヘリコプターによる病害虫防除実施者のための手引き(平成21年度版)』 2009

(2009年4月)

MOVIEマークのページでは動画をご覧頂けます。