教えて!農薬Q&A

自然や環境への影響は?

自然環境やその他生物に及ぼす影響などについて

Q. 家庭およびその周辺で使用される殺虫剤やシロアリ駆除の薬剤も農薬と同じ成分だといいます。危険ではないでしょうか。

家庭およびその周辺で使用される殺虫剤などは、安全性の審査が行われていますので、農薬と同様に使い方を守れば安全性が確保されます。

 家庭およびその周辺で使用される殺虫剤などは、農薬取締法で規制されている農薬と違って、使用場面によって、表に示されるように異なる法律により規制されています。家庭の周辺で使用される殺虫剤も所管官庁に登録や製造承認の申請を行ない、その際、安全性の審査が行なわれています(一部は自主基準)。したがって、安全性の審査を受け、承認や登録を受けた殺虫剤は、農薬と同様に使い方を守れば安全性と効力が確保されるといえます。

表1. 家庭用殺虫剤などの法規制の仕組み
分 類 対象害虫 法律や基準 剤型例(有効成分)
厚生労働省 医薬品 衛生害虫
カ、ハエ、ゴキブリ、ノミ、ナンキンムシ、イエダニ、シラミ、屋内塵性ダニ類
薬事法 家庭用
燻煙剤 エアゾール剤、粉剤(ピレスロイド、有機りん剤)
防疫用
乳剤、粉剤(有機りん剤)
医薬部外品 (誘引殺虫剤を含む) 衛生害虫
カ、ハエ、ゴキブリ、ノミ、ナンキンムシ、イエダニ、シラミ、屋内塵性ダニ類
薬事法 家庭用
蚊取線香、電気蚊取、エアゾール剤(ピレスロイド)
防疫用 油剤、乳剤(ピレスロイド)
経済産業省
厚生労働省
環境省
化成品 不快害虫
クロアリ、シロアリ、ハチ、ブユ、ユスリカ、ケムシ、ムカデ、クモなど
衣料害虫、建築害虫
化審法
生活害虫防除剤協議会自主基準
エアゾール剤、粉剤(ピレスロイド、有機りん剤、カーバメート剤)
農林水産省 動物用医薬品または医薬部外品 動物外部寄生虫
犬や猫などの愛がん動物のノミ、畜鶏舎のハエ、カ、マダニなど
動物用医薬品等取締規則 蚊取線香、乳剤、粉剤(ピレスロイド、有機りん剤)
農薬 農業害虫
ウンカ・ヨコバイ類、ニカメイチュウ、カメムシ、ハダニ、サビダニ、ケムシ類など
農薬取締法 粒剤、液剤、乳剤、水和剤
注1)薬事法による医薬品の定義
医薬品:飲んだり(内服)、塗ったり(外用)、注射したりすることにより、人や動物の疾病の診断、治療、予防を行うための薬品である。医療用医薬品と、薬局・薬店で誰でも購入できる一般用医薬品とに大別される。
医薬部外品: 日本の薬事法に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。
注2)衛生害虫での医薬品と医薬部外品に分けられる基準
屋内で、人のいる状態で使用される蚊取線香等は、薬事法第二条に「人体に対する作用が緩和なもの」と定義されている医薬部外品が望まれます。医薬品か医薬部外品かは、有効成分及び製剤での毒性の強さ及び剤型(用途に応じて誤飲、誤食、ご操作など事故につながらない工夫)を評価・勘案したうえで分類されています。
■ それぞれの法律と安全性評価
1、 薬事法に基づいて厚生労働省が所管する殺虫剤
 ハエ、蚊、ゴキブリ、ノミ、トコジラミ、イエダニ、屋内塵性ダニ類、シラミ等いわゆる衛生害虫を対象として殺虫剤の製造販売を申請する場合、薬事法に基づいた各種安全性資料が要求されます。特に殺虫剤は吸入されるケースが多いことを想定し、急性吸入毒性、4週間以上毎日連続吸入の毒性試験、製品の実使用場面における有効成分等の気中濃度測定が要求され、これらの試験にパスしなければ製造販売承認が得られません。また、薬事法承認品目は、製品毎に用法及び用量も定められています。
2-1、化審法(化学物質の審査及び製造等の規則に関する法律;平成16年4月1日施行。改正予定。)に基づいて経済産業省、厚生労働省及び環境省が所管する殺虫剤
 薬事法及び農薬取締法の対象となっていない害虫、例えばムカデ、クロアリ、ダンゴムシ等の不快害虫、シロアリ等の木材害虫及びイガ等の衣料害虫を駆除する殺虫剤や防虫剤が化審法の安全性評価の対象となります。化審法では、薬事法や農薬取締法とは別個に、人の健康や環境への影響を配慮した各種試験が要求されます。その結果、ある化学物質が難分解性であったり、高蓄積性であったり、人への長期毒性や動植物への生態毒性の疑いなどで、使用にあたって制限が必要となった場合、その物質の性状によって特定化学物質や監視化学物質に指定され、製造や輸入あるいは用途が制限されます。また、この法律で認められていない化学物質は製造や輸入ができないことになります。
 シロアリ剤については、建設省許可団体である(社)日本しろあり対策協会(白対協)及び農林水産省許可団体である(社)日本木材保存協会(JWPA)が共同で組織する事務局が(財)日本住宅・木材技術センターに審査を委託しています。(財)日本住宅・木材技術センターにおいて効力試験、農薬と同じような安全性試験、環境への負荷試験などの試験が要求され、使用法、使用後の廃棄方法などを総合的に検討した結果に基づき、白対協及びJWPAがそれぞれ認定・登録・更新を行っています。その審査基準となる「木材保存剤等性能審査規程」には、作業者及び現場周辺環境、ならびに現場住居者に係る安全性を図るために空中濃度測定ガイドラインも示されて、安全性が事前に確認されています。
2-2、生活害虫防除協議会における家庭用不快害虫用殺虫剤の自主基準
 不快害虫や衣料害虫を駆除する殺虫剤については、直接規制する法律がなく、化審法だけが関係しています。このため薬事法上の殺虫剤とのバランスを欠くおそれがあるため、厚生労働省の指導の下に業界は生活害虫防除協議会を設立し、薬事法と同等の安全性、有効性を確保するための製造、製品両面にわたる自主基準を作成しています。この自主基準を遵守して製造された製品には登録マークを表示して、消費者にわかり易く配慮しており、薬事法と同様に、有効成分やメーカー名、使用上の注意などを製品に表示することも義務づけています。
3、動物用医薬(医薬品及び医薬部外品)
 農薬登録制度と同様に毒性や安全性および薬理作用、吸収・分布・代謝・排泄、臨床試験の試験成績、残留性に関するデータを提出し、承認・審査を合格しなければ製造および販売することはできません。
参考文献
*日本家庭用殺虫剤工業会『家庭用殺虫剤概論Ⅲ』2006
*杉本達芳『残留農薬のここが知りたいQ&A』1995、日本食品衛生協会

(2017年5月)

MOVIEマークのページでは動画をご覧頂けます。