教えて!農薬Q&A

農薬はカラダに悪い?

農薬が人に及ぼす影響や安全性などについて

Q. 農薬が少しずつ体内に入ることによって、すぐには影響がでなくても、長い間にジワジワと健康が害されることはありませんか。

適正に使用された農薬が作物を介して人の健康に影響することはありません。

 私たちが毎日、いろいろな食品を摂取していても、その中に残留している農薬の健康への影響は心配しなくても大丈夫です。その理由は、食べ物や水などから私たちが日常に摂取する農薬の量はわずかであり、健康に有害な影響のでるリスクが、現実的な問題にならないよう、低く抑えられているからです。

 物質を長い期間に渡って取り続けることが原因で起こる有害な影響を慢性毒性と呼びますが、農薬については、「慢性毒性試験」が実施されており安全性が科学的に評価されています。

■ 慢性毒性試験の内容
 慢性毒性試験とは、試験物質を動物に長期間にわたり反復して投与し、どのような変化が現れるかを調べるとともに、投与量と毒性との関係を知るための試験です。 農薬登録の試験項目では、「一年間反復経口投与毒性試験」といわれるものが、2種類以上の動物で試験を実施することが求められており、ラットとイヌが通常用いられます。
 投与は、一年以上に渡り、物質を餌か飲料水に混ぜ、毎日摂取させることで行います。うまく摂取させることが難しい場合には強制経口投与により行われます。
 慢性毒性試験での投与量は、亜急性毒性試験の結果などを参考に、投与量と毒性の関係(用量反応関係)と、毒性症状が認められない最大投与量(無毒性量:NOAEL)を知る目的から3段階以上が設定され、それに対照区(無投与)を加えることになります。
 なお、この試験では、技術的に動物に投与できる最大量または、「1000mg/kg体重/日相当量」とされており、たとえ毒性変化が認められない場合でもこれ以上の量で試験することはありません。 この「1000mg/kg体重/日」を体重50kgのヒトに当てはめると、一日に50gの農薬(有効成分)を食べなければならないことになり、現実的にはありえない過酷な設定であると言えます。
 慢性毒性試験で実施される検査内容については表1に示しましたが、非常に多くの内容が含まれています。 検査が実施される時期や回数は、検査項目によって異なりますが(図1)、動物の健康状態については毎日観察され、血液や尿の検査はげっ歯類は6ヶ月後と投与終了時に、非げっ歯類は投与開始前、6ヶ月後と終了時に行われます。
 また、いろいろな器官や組織の検査は、投与期間中に死に瀕した動物と、投与期間終了時に動物を解剖し検査が実施され、器官や組織は試験終了後も必要に応じて保存されます。
表1. 慢性毒性試験の検査項目
一般状態の観察 眼科学的検査 尿検査
死亡の有無
毒性徴候の発現時期やその程度
体重
飼料摂取量
被験物質摂取量
前眼房・中間透光
体・眼底
尿量      ビリルビン
pH       ウロビリノーゲン
蛋白      潜血
糖       沈渣
ケトン体    比重  等
血液検査 病理学的検査(肉眼的病理検査を含む)
血液学的検査 血液生化学的検査 臓器重量測定 病理組織学的検査
赤血球数
白血球数
血液像
血小板数
血色素量
ヘマトクリット値
網状赤血球数*
凝固能*   等

*:必要に応じて
血清(血漿)総蛋白
アルブミン
A/G比
ブドウ糖
コレステロール
トリグリセリド
ビリルビン
尿素窒素
クレアチニン
トランスアミナーゼ
γ-GTP
アルカリフォスファターゼ
電解質  等
肝臓
腎臓
副腎
精巣
卵巣
脾臓
心臓

前立腺
甲状腺・上皮小体
下垂体
皮膚      脾臓
乳腺      腎臓
リンパ節    副腎
大動脈     膀胱
唾液腺     精嚢・凝固腺
骨及び骨髄   前立腺
胸腺      精巣
気管      精巣上体
肺及び気管支  卵巣
心臓      子宮
甲状腺及び上皮小体 膣
食道      脳
胃       下垂体
小腸      坐骨神経
大腸      骨格筋
肝臓(及び胆嚢)脊髄
膵臓      眼球及びその付属器

そのほか肉眼的に変化が認められた器官・組織
図1 長期毒性試験の薬剤投与期間と慢性毒性の検査内容(模式図)
長期毒性試験の薬剤投与期間と慢性毒性の検査内容(模式図)
参考文献
*農林水産消費安全技術センター:http://www.acis.famic.go.jp/
「農薬の登録申請時に提出される試験成績の作成に係る指針」

(2017年4月)

MOVIEマークのページでは動画をご覧頂けます。