農薬工業会について

行動規範

前文

平成17年1月

農薬は、その誕生以来、食糧生産に欠くことのできない資材として、農業を通じ、健康の増進や環境の保全、社会の発展に大きく貢献してまいりました。そして、私たちは、このような農薬の使命を強く認識し、広く農薬工業への信頼の獲得と増進に努めてまいりました。

今日、世界の人口は増加の一途をたどっています。限られた天然資源を有効に活用し、いかに持続可能な農業を実現させるか、ひいてはいかに持続可能な社会を 構築するかは、人類共通の課題となっています。一方、情報化時代の進展とともに、人々の食の安全や環境の保全に対する関心は高まり、それらの確保を求める 声も強くなっています。

私たちは、これらの課題や人々の要望に応えるため、改めて農薬工業の社会的責任を自覚するとともに、より高い信頼の構築を目指し、当工業会及び会員全員が公正で誠実な事業活動を行うことを誓い、本「行動規範」を定めました。

行動規範

食の安全の確保
私たちは、農薬が安全で安定した食糧の生産にとって不可欠な資材であることを認識し、その適正な活用を図ることにより、食の安全と安心に貢献します。
法令の遵守
私たちは、全ての法令やルールを遵守し、社会の倫理に則った、公正で誠実な行動に努めます。
社会との対話
私たちは、広く社会の声に耳を傾け、学び、そして理解するように努めます。同時に、私たちの役割や活動、その考え方について、積極的な対話を通じて理解を得るように努めます。
情報の開示
私たちは、情報公開に積極的に取り組み、事業活動の客観性・透明性を確保するように努めます。
個人情報の管理
私たちは、個人情報の保護に配慮し、厳格に管理します。
公正な取引
私たちは、公正で自由な競争と適正な取引を通じ、取引先や顧客との信頼関係を築き、相互の発展を図ります。
環境保全への責任
私たちは、農薬の環境へのリスクを適正に評価し、環境への負荷を最小限にするように努めます。また、全ての事業活動において、環境保全のために、自主的、積極的に行動します。
知的財産権の尊重
私たちは、知的財産を尊重し、その権利を大切に保護します。
スチュワードシップ(製品安全管理)
私たちは、農薬の専門家としての責任を認識し、その製造から使用・廃棄にいたるまで、安全管理に努め、全ての取扱者に対して適切な情報提供を行います。
科学技術による貢献
私たちは、科学が革新の原動力であることを認識し、常に優れた技術と価値の創出に取り組むことにより、社会の発展に貢献します。